AIRFLIP

AIRFLIP Gt/Vo SATOSHIのブログです



作曲は人生のアウトプット。

こんばんわ。

これを書いている今は、関西空港の第1ターミナルで自分のフライトを待っています。

当初22:00発予定だったフライトは台風20号の関西直撃の影響で翌朝の4:30にずれ込み、無事空港に到着したはいいもののえらく待つことになってしまった。

またまた久々のブログ更新になってしまって申し訳ないと思う一方で、最近は本当に1日の大半を作曲にうーーーーーんと頭を悩ませていて、文字を打つよりいろんな曲を聴いたりギターを弾きながら鼻歌歌ったりして毎日が過ぎていってる。

そんな毎日じゃ気分がどんどん下がっていってしまうところだけど、有難いことにもちろんその間もライブはあるわけで、ツアーが終わってもいろんなところへ行ってライブをして、みんなとの再会を喜んで、「ライブがなかったらバンドってくそつまんねーな」と最近割と本気で思っていたりしている。

時に、作曲の楽しみ&モチベーションといえば、それはひたすらに「妄想」すること。笑

この曲をステージで歌った時のみんなの反応をひたすら妄想してニヤニヤすることです。笑

わかってる。キモくないわけない。

でもたったそれだけでまた、「よっしゃ、続き作るか」とやる気になるわけで、どこまでいってもみんなの反応が楽しみで、その承認欲求の塊のようなものがいつだって作曲のモチベーションになっている。

ところが作曲っていうのは結局自分の中にあるものをアウトプットする作業で、それはただの強い「想い」だけでは作ることはできない。今までどれだけたくさんアーティストさん達の曲を聴いてきたか、どれだけ多くのことを経験してきたか、その時に感じた想い、幸福感、怒り、悲しみはどんなだったか、自分の生きてきた人生の中でいかに多くのインプットをしてきたかで、アウトプットが多様化してくる。

つまり思いつくメロディの幅が広がるってこと。

自分がこれまで生きてきた中で、一番たくさんインプットをできる体験。

なんども言及してるけど、俺にとってはそれは「旅」です。

旅をすると普段と全く違う環境に自分を投じることになる。そうすると脳ミソがそこに順応しようとフル稼働して、今までと全く違う働きをするんだって。

医学的根拠とかなくても俺にとってはそれは体感でわかるので、作曲に行き詰まったり、頭の働きを全く変えたい時は旅をするようにしてる。

本当は世界一周を今すぐにでもしたいけど、そうするとバンドのスケジュールに穴が開くし本末転倒なので、そこはもう少し先にとっておくことにする。

これからもいろんなインプットをして、その過程で自分にしかできない、はたまた作曲以外の新しいアウトプット方法を見つけれたら、また新しい世界が開けるんだろうなあ。

 

…ブログ書いてたら時間が経つのが早いな。

ではマレーシアにいってきます💪

みんなで作るCLOVER VOICE TOUR始まってます!!

どうも!

またまた久々の投稿でゴメンよ。。

 

さて、もう春も中盤。

桜シーズンはあっという間に終わってしまったけど、逆に俺らはというと先日4/15(日)から「CLOVER VOICE TOUR 2018」がスタートしてます。

俺らの3度目の全国ツアーで、千葉LOOKスタートは2度目。

初日はBACK LIFTとLOOKLIKEという最高の仲間たちと3マンで打たせてもらったけど、前回よりもたくさんの人が駆けつけてくれて、マジでいいスタート切れたと思う。

ツアーの門出、送り出しに来てくれたみんなほんとにありがとう!

まだツアーは始まったばかりであれだけど、早く「ツアー初日!千葉LOOK SOLD OUT!!!」とみんなに報告できるようになるまで、もっともっと俺らの音楽広めて、何度でもあの日を繰り返したいと思う!

ここからツアーファイナルの6/30(土)大阪CLUB DROPまで、ツアー各場所で力をもらいながら、目一杯駆け抜けます。

 

最近は自身のツアーでもそうだけど、他のバンド仲間のツアーでも3マン、2マンというイベントに出ることが多くなってきて、それでも遊びに来てくれる人は増えてくれてて、やっぱりたくさんバンドが見れるっていうより、好きなバンドがたくさん歌ってくれる方が魅力的なのかなと感じてる。

そういえば俺も見に行く側のときはそうだったなーと。

だからAIRFLIPを好きでいてくれてる人が着実に増えてきているんだなーって、最近はめっちゃ実感できてます。

ニヤニヤしちゃうぜ。w

 

このままこのループを続けて、フェスにもバンバン出れるようになって、47都道府県ツアーやワンマンツアーとかもできるようになって、その過程でまたやりたいことも増えてくるんだろうなあ。

 

「バンドだけで生活できるようになる」っていうのは、言わずもがなとても難しいことだし、できるに越したことはないけど、おれは今はまったくそこを目標にはしてない。

それよりも今は、多少無理してでも、ちょっとずつ大きくなってくAIRFLIPの背中を見せて、みんなにワクワク感と勇気と元気を与えていきたいってのが、ほんとに一番。

それくらい俺はここまでバンド続けさせてくれたみんなに感謝してるし、ここまで続けれたからこそ、ライブも歩みも、みんなで作り上げていきたい。

「AIRFLIPは俺が(私が)ここまで育てたんだぜ!!」みたいな、むしろそう思ってほしいくらいに、一緒になってやっていきたい。

つまりはAIRFLIPは「みんなのAIRFLIP」ということ。

そして仲間が増えれば増えるほど、賛同してくれる人がたくさん集まれば集まるほど、おのずとできる事の幅が広がっていくわけで、そこからまた新しいものが生まれたり、たとえば「音楽×〇〇」みたいな、俺らしかできない面白いものを作り上げれたりできるかもしれない。

そうするとまたみんなを楽しませることができる。

理想のループだ。

 

そんなみんなで作り上げる「CLOVER VOICE TOUR 2018」がスタートしております。

詳細はこちら!

www.airflip.info

近場の人はぜひ駆け付けて、俺らの作るライブ感を感じにきてほしい。

だれもほったらかしにはしない。

みんなでファイナルまで駆け抜けよう!

 

あとおれは今ツアーで「さとしさんセクシーですね」言われることを目標にアダルティな雰囲気を頑張ってかもし出しながら歌います。w

じゃあみんなツアーで会おう!

さよなら2017年。こんにちわ2018年。

またまた更新がかなりあいてしまった申し訳ない。。

いつも書こうとして気付いたらギター触っている癖を直したい。笑

 

さていよいよ2017年も今日で最後です。

 

相も変わらずまじで早いよね。笑

この時間のスピード感にもだんだん慣れてきてしまったけど、この1年で前進できてるなら良し、あんまり何も変わってないなら来年からやり方をガラッと変えれば良いだけ。

そういう感じで今年を振り返ってみると、今年も一歩一歩だけど着実に前に進めてる感じだから、引き続き今の気持ちのままやっていくことができそう。

やっぱり特にBrand New Day EPをリリースできたことが俺らにとってはとても大きな前進だったなと思う。

俺らの音楽に耳を傾けてくれる人が体感2倍にも3倍にもなった感じだ。

 

それから人との繋がりもより太く、また新しくできたものも沢山あった。

とくに今年お互いのツアーで沢山対バンしたSeptaluckやALL FOUND BRIGHT RIGHTS。

まだ繋がって浅いけど一瞬でめっちゃ仲良くなったNOTHING TO DECLAIRやROA、そしてFEELFLIPやISAACなどなどみんなバカばっかり。笑

そして来年2018年も出演させてもらうGRIOTTOを手がけるCrestのだいちや、ZephyrenのGENさん、RIPDWのなおやさんなどなどイベントを作る側の人たちともたくさん繋がれた。

そういうのも全部引っ括めて、去年よりもAIRFLIPが「いいバンド」になれたと考えてる。

 

逆に失ったものもバンド仲間。

ほぼ同世代のSKALLHEADZや、同郷のT.C SPEAKER、鏡トナリもバンドはいっぺーちゃんが何とか潰さずに繋げてくれたけど大好きなメンバーが2人も去ってしまった。

それぞれ事情はあれど、やっぱりもう一緒にライブを作ることができないと思うとめっちゃ寂しいなあ。

そして良いのか悪いのか、単純な俺は彼らの分もこれからも歌っていかないとなーと勝手に背負い込んでしまってる。笑

 

今は昔とは随分と環境も時間の流れ方も違う。

合ってないとわかると早めに見切りをつけるのも、今の時代の一つの賢いやり方なのかもしれないし、「夢」もコロコロ変わっていっても全く問題ない時代なように思う。

それでもやっぱりおれは「初期衝動」と、そこから生まれた「夢」を達成することでしか得れない何かを追い求めて行きたいなーと思ってる。

 

そしてそして先日解禁できたけど、そんな縁が繋がっていく中で、来年から新しい船に乗せてもらうことになりました。

 

何が嬉しいって、これから一緒に戦っていけそうなバンド達と家族になれたこと。

縁とはやはり宝だなーと、つくづく思う。

 

バンドにおいてだけではなく、色んな物事で「上」を目指す人にとって、「上」というからには目標への道のりというのは大抵が上り坂。

目標達成には苦難が伴うことも少なくない。

でもその道の先に行っている人達からよく聞くのは「ふとしたときに下り坂になって、とんとん拍子に先へ進める時が来る」とのこと。

なるほど確かにバンドで言うと、あっという間にそのバンドの音楽が広がって、ファンが増えて、注目の的になっている事例もポツポツあるように見える。

 

早くそんな時期が来たらなぁと思うこともあるけど、俺らはそれはあんまり期待しないで、というか期待してはいけないと思っている。

なぜならそこへ上がる「器」ができて無い状態でそこへ持ち上げられてしまったら、身の振り方が分からず撃沈してしまうだろうから。

もちろん「それは後からできてくるんだよ」って言う人もいると思うし、もしかしたらこの考えは俺が年を取って腰が重たくなってきているせいかもしれない。笑

でもおれ自身もまだまだ人としても未熟だし、その人間力に見合った場所で活躍して、人として成長したときにさらに上のステージに行くというやり方の方が、やはりカチッとハマるものがあると思う。

色々かみ締めながら歩いていけるしね。

 

なんか難しいことをツラツラとごめんな!笑

 

28日の年内ラストライブのMCでも言ったけど、乗る船が変わったからって何かが劇的に変わることはなく、結局は自分たちAIRFLIPとしての魅力を磨いて、バンドのエンジンギアを上げていかないと何も変わらない。

 

そのための仕掛けをたくさん、今作ってます。

2/17(土)の神戸太陽と虎での自主企画もその一つ。

ロングセットでの2マン。

このイベントは、実はいくつか自分たちの中にテーマがあるんだけど、とりあえず一番はリリース前の気合いと意気込みを、お世話になりまくってるライブハウスでみんなに見せたいなってとこ。

土曜だし、来年解禁するゲスト対バンも申し分ないと思ってるし、ここからいろいろと繋げていきたいところだから、全国問わず是非一緒にライブ作りに来てほしいです。

神戸には出たいフェスもあるしね。

 

とまあこんな感じで「来年やるべきこと」と「目標」はだいたいもう決まってて、あとはその思惑通りに歩いていけるか、必死にやっていくだけです💪

 

最後に、今年新しくAIRFLIPに出会ってくれた人たち、以前から引き続きAIRFLIPに関わってくれてる人達、色んな面でのサポート本当にありがとう!

来年も「AIRFLIP見てるとワクワクするわー、背中押されるわー」って思ってもらえるように精一杯やってく!

お互いに良い年末年始を。そして元気にまたライブハウスで会おう!

 

じゃあまた!

 

気付けばバンドももう7年。改めて自分にとっての「LIVE」とは。

あーつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんないつまんない。笑

 

いきなり重度のメンヘラみたいな始まりになったけど(笑)、現在約一ヶ月ちょっとライブをしていない状態が続いてて、ライブがないとほんとに刺激が少なくて、毎日がつまんなく感じる。

覇気が無くなってくのがわかるほど。笑

もちろん作曲やスタジオでの編曲作業は着々とやっているものの、やはり「ライブ」という、何が起こるかわからないあのざわざわ&わくわくした空間が定期的にないとダメなんだなーとしみじみ思う今日この頃。

気付けば梅雨も明けてセミもがんがん鳴いてるし、完全に2017年夏がスタートしてしまってる。

みんな今年はたくさん夏フェス行くのかな?

前Brand New Dayツアーでちょっと勢いに乗ってはきたし、今年こそは夏フェス出てぇー!と思ってたけどまだちょっと無理かなー。

道は長いぜくそーm(__)m笑

 

そんな作曲に追われるインテリな毎日を過ごす中で、ふと改めて、ライブとは自分にとってどういうものかってのを改めて考えてみた。

 

「ライブ=刺激」

 

もちろん、その通りでライブは沢山の刺激をくれてとてもわくわくさせてくれる。

でももうちょっと掘り返して「ライブの何がそんなに刺激に繋がってるのか。その要因はなんなのか」ってことを考えてみたら、もちろんステージで歌ってパフォーマンスをすること自体も、自己表現の楽しさという意味で要因のひとつなんだけど、結局それによるフロアに居る人たちの反応を見ることにわくわくと刺激を感じているんだな、と思った。

歌いながら、MCしながら、みんなの顔を見てアイコンタクトして、笑いあったりしてコミュニケーションをとる。

結局ライブは俺にとって「人と会う場所」なのだ。

 

ライブ当日はほんとにたくさん「初めましての人」と会える。

その人は、もしかしたらAIRFLIPで歌う俺のことを既に知っている人かもしれないし、初めてライブを見ました、AIRFLIP初めて知りました、という人かもしれない。

それはお客さんだけじゃなくて、ライブハウスのスタッフさんや対バンの方たち、音楽レーベル関係者さん、誰かしら初めて会う人は必ず1人は居る。

そんな初めて会う人とたくさん接すること。それによって自分の中に何かしらの変化をもたらしてくれるかもしれない。

そこにとてもわくわくを感じるんよね。

 

一番最近のそれによる大きな変化だと、やっぱり日本詩を入れ始めたことが挙げられる。

ライブで出会った何人かの方(ファンやライブハウスの人たち)から「やっぱさとしくんの日本語の歌も聴きたい!どういう歌を歌ってるのか、ライブ中に理解しながらライブ観たい」って言ってもらえたことが、前作Brand New Dayを作るにあたって作曲中にメンバーに「ちょっと今回日本語で歌ってみていい?」っていうミーティングに繋がった一つのきっかけでもある。

バンド活動の仕方も今の時代は変わってきてるし、もしかしたらライブは全然しなくて、ひたすら作曲して曲ができたらミュージックビデオ撮ってYoutubeにどーんとUPして、それで有名になるバンドもいるかもしれない。(むしろその方が今の時代っぽいかも)

それでも俺は直接ライブハウスへ歌いに行って、いわばその曲達の感想をみんなに聞きに行きたい。

そして新しい人たちとまた出会ってたくさん刺激を受けたい。

 

例えばだけど友人から「今日仲間内合同でBBQやるからこない?」と、間違いなくそこに自分が会った事がない人がいるコミュニティーへの参加のお誘いを受けたとしよう。

さほど重要な断る理由も無いが、どうしようかなーと悩んでる状態なら、みんなだったら最終的にどうするだろうか。

「ちょっとめんどくさいからいいや」と断るかな?

おれは「悩んでる」という状態なら間違いなく行きます。

なぜならたとえ遊びでも、そこで新しい出会いや気付きがあるかもしれないから。あと単にBBQ楽しいし大好きだから。笑

これまでの経験では、それで行って後悔したことの方が圧倒的に少ない。

最終的に行って良かったなと思えたことがほとんどです。

 

思えば人との出会いや繋がりで、気付きやビジネスに発展することってバンドマンやってたら結構あるのです。

例えば「コラボ」というビジネス形態は音楽にとってはとてもやりやすくてメジャーで、それこそ人との出会いと繋がりで出来上がっていくもの。(AIRFLIPはまだそこまでやれてないけど)

もちろん普通の会社でもそれは可能だろうし、もっと規模の大きいものができるだろう。

でも自由度とスピードは断然こっちが上だろうな。

俺らがどこで誰とどんな面白いことしようと俺らの自由なのだ。

 

ちょい話逸れたけど、つまりは俺にとって

ライブ = 人とたくさん出会うこと = 平山智士という人間が変化と成長を繰り返すことができる場所

と言う方程式に基づいて、ワクワクという感情に繋がっているのでした。

 

なので俺は近い将来世界一周してきます。

 

はい、文脈無視ですどーん。笑

 

 

目的ですか?

それはもちろん人と沢山会って人間としての幅を広げたいからです。

俺が旅好きってのはツイッター見てくれてる人なら知ってくれてると思うけど、旅はほんとにいいよ。

様々な、それこそ生きてきた環境が全く違う人達に出会えるし、例えば自分の幸せに思うこと、イライラすること、悲しいこと、嬉しいこと、いろんな自分の感覚基準がそこでは通用しないことが多々あって、毎回サプライズの連続。

そして毎回旅から帰国したあとは「あーやっぱ日本最強だわw」って感じさせてくれて、この国で生まれたことに感謝させてくれる。

 

ちなみに世界一周はまだしたことない。

そして行ってもたぶん期間は3ヶ月間くらいを考えてる。

3ヶ月あったら全然行けちゃうよ。

たぶんそれだけ空けちゃうとまたバンドやりたさがピークに達してると思うし。笑

あと旅の記録はブログやツイッターでちゃんと毎日更新し続けます。

自分が今どこに居て、どんなものを見て、だれと出会って、何を感じているのか。

逐一報告していくつもり。

って言っても行くのはちょっと先だけどね。

まだ今作ってる曲たちのお披露目ツアーをした後だろうだから、1年後?か2年後?とかで考えてます。

 

誰か一緒に行きたい人いたら全然同行OKだからね。

途中の国で合流とかでも全然いいぜ。

 

さて長々書いちゃったけど結論、バンドは沢山の出会いがあって素晴らしいと言うこと。

次の曲も着々と出来てきてるので、早く次の動きをすべく地盤固め頑張ります。

またライブハウスで会いましょう!

 

 

 

 

 

 

BRAND NEW DAY Tour お疲れした!!

オス!

ちょっと遅れちゃったけど、6/18南堀江Knave BRAND NEW DAY Tourファイナル、来てくれたみんな、ほんとにほんとにありがとうとざいました。

いやー終始楽しい1日でした。

出てくれたISAAC、鏡トナリ、シルエットも、みんないいライブし過ぎな!笑

おかげで俺ずっと笑ってたな。

いいツアーの締めくくりは間違いなく次への意欲に繋がってる。

今回のBRAND NEW DAY ep.とそのツアーで俺らが学んだもの、得たもの。

学んだものは、日本詩を入れてより伝わりやすくすることの大切さ。

ほんとにライブ中、歌を聴いてくれてるみんなの顔が違うというか、ある人はより真剣に目を合わせてくれたり、ある人はより笑顔に、ある人は頷いてたり、ある人は泣いてまでくれてたり、ほんとにみんなの表情が今までと違って見えた。

これはステージに立ってないとわからんことだと思うけど、確かに俺らには分かった。

あー伝わってるんだなーって。

それが嬉しくもあり、みんなが望んでたのはこれかと、気づくのが遅かった自分自身をちょっと悔いてみたり、そして同時にこれからどんどんそんな表情を作ってやれると思うととてもワクワクもしてる。

得たものはもちろん、新しい仲間たち。

新しいAIRFLIP CREWたち。

ファンのみんなはもちろん、同じ音を奏でる新たなバンド仲間や、業界の関係者の人たち。

別に自賛するわけじゃなく、有難いことに今回のツアーからより多くの人がAIRFLIPに注目してくれるようになりました。

この取り巻きをもっともっと大きくして、そしてしっかり凝縮して、頑強なAIRFLIPチームを作っていきたい。

いいモノしか生み出さない最強のクリエイターチーム、俺らAIRFLIPがそれを背負ってひとたびステージに出ると、最強のファンたちがその1日を彩るために迎えてくれる。

最高じゃないですか。

全員で作るシーン。

どこまで実現できるかわからんけど、理想や夢なんかで終わらせないつもり。

 

とにかくこの日はステージからのみんなの笑顔がキッラキラで、俺らも気づいたらずっと笑ってた。

やっぱ地元大阪は特別です。好きです。

もっともっと大阪盛り上げたい。俺らの力で。

そしてツアーファイナルが終わったその翌週、すでに俺たちはレコーディングに取り掛かっています。

もちろん次の作品ね。

CDを出して全国に「こんなん出したぜ」ってツアーをしに行く。

この「ループ」はバンドが続く限り、そして全国にライブハウスがある限り永遠に変わることはないと思うけど、それを繰り返していくことで見える景色は間違いなくどんどん変わっていく。

これからも俺らがみんなの遊び場を作っていくから、付いて来てください。

みんなでAIRFLIPを盛り上げてください。

楽曲はマジで任して( ̄^ ̄)ゞ

「AIRFLIPの曲はどれも間違いないな」って、言わせ続けるもの生み出してくんで✊

ライブももっともっと洗練させて、素敵な空間をたくさん作りまくる。

 

とりあえず、AIRFLIPに関わってくれる人は確実に多くなってきている。

取り巻きが大きくなると、できることもより一層広がってくる。

今年は何かやりたいなーやらかしたいなー全力で。

次のNEWS楽しみに待っててください( ̄^ ̄)ゞ

 

今日も歌ってくるわ。

じゃあまた!

 

 

 

睡眠とハチミツと接骨院と旅でメンテナンスする俺の身体!

おーす!

6月入った途端すげーむしむし。

あっついぞ。

7月、8月が恐ろしくなる。。

なんか2016年がラニーニャ現象ですげー暑かったから、2017年はその反対のエルニーニョ現象で冷夏になるって聞いたんだけどどうなってるんですか。

あと「ニーニャ」とか「ニーニョ」とかややこしいなしかし。笑

 

さて昨日から6月に入って、まもなく2017年も折返し地点(ちょー早くない?笑(◎_◎))まで来てるけど、2017年の最初にいくつか掲げた豊富の一つに「自己管理能力を更に高める」という目標があります。

というのも、毎年季節の変わり目は何かしら体調を崩しやすくて、体調崩すとまず喉からやられてしまうという歌い人にとって完全タブーな体質なので、そこを今年から変えていきたいわけ。

年始に「今年はムキムキになる」とひっそりツイートしたのも代謝を上げて免疫をつけるため。

ちなみにだいぶ腹筋割れてきたぜ。

 

さらに何か試せないかというところで、先日教えてもらった「睡眠の大切」さ。

体調管理に大切らしいので早速その極意を学ぶべく買ったんやけどねこれ。

スタンフォード式 最高の睡眠

でも読んでみたら「睡眠とは」っていう医学的な話が大部分を占めている感じで、正直あんまり「こうしたらいい」という手段の部分が曖昧な感じだった。

さすがスタンフォードだ。笑

とりあえず睡眠の質は寝始めの90分がゴールデンタイムで、そこでいかに深いレム睡眠に入れるかどうかで、翌日のスッキリさが全然違うんだってー。

ただ、とりあえずその方法が不透明な感じなのでまた別の本買おうかな。。

 

あと去年の暮れから摂取してるマヌカハニー

f:id:twelvefirecracker:20170609113239p:plain

確かスカルヘッズのMIKIに教えてもらったんだっけな。

調べてみるとハチミツって本当に体にいいらしいよ!

その中でも抗菌効果の高いマヌカハニーを朝晩飲むことで体に悪い菌が入ってくるのを防いでくれる。

あともちろん喉にもいい。

これ飲み始めてから喉枯れるの少なくなった気がするもんなー。

ちょっと高いけどこれは今後も続けていこうと思います。

 

あと週一回で接骨院通い。

実は学生時代にやってたブレイクダンスのおかげで、すでに腰がオーバーリミット状態なので、定期的にいかないとぎっくり腰になってしまう体質なのです。

老後が心配。笑

そうでなくても今ツアー中で長時間の運転とか腰痛持ちにはつらいのです。。

今日もこれからほぐしてもらってきます。

 

と、ここまではフィジカルな部分のメンテナンス。

メンタル面でのケアは、もちろんライブの最中はアドレナリンMAXでいいストレス発散になってるけど、俺の場合はそれ以外に完全に日常から抜け出すことで最高のリラックスを得るようにしてる。

つまりはふらっと国外へ旅にいくこと。

一昨年はボリビア、去年はオーストラリア、今年はすでにタイへ行ってきて、毎年ふらふらどこかへ行ってるけど、はやくもこのツアーが終わったらどこかへ行こうかなーなんて考え中。

やっぱ秘境がいいな秘境が。

綺麗で壮大なモノを見に行きたい。

俺の場合は五感の中でも、視覚から入るリラックス効果がとても高い。

綺麗なものを見るとスッと心が楽になるのが分かるのです(*^^*)

一眼レフも手に入れたし、日本では見れない綺麗な景色を沢山見に行きたい人生ですな。

最近インスタで、バンドのアカウントと別にこれまでの旅の写真をメインで上げるアカウントを開設したんでよかったらチェックしてみて(^.^)

www.instagram.com

 

自分の身体は自分が一番良く分かってるし、何をすれば気分が晴れるか、楽になるか、次への意欲が沸いてくるかを第一に考えてメンテしていきたい。

見た目は若いとはよく言われるけど気づけばおれもいい歳です。笑

まして身体が資本のバンドマン。

今まで以上に身体に気を使って、いつでも100%のパフォーマンスができるよう調整していこう。

 

さてBRAND NEW DAY Tourもいよいよ終盤!

6/18のファイナルはぜひとも遊びに来てください!

じゃあまた。

桜の短命さから学ぶこと

おすオス押忍!

やっとやっと春らしい気温になってきましたなー

今日はTシャツで外歩いたぞ

清々しい!

毎年桜が咲くと必ず降ってた雨も今年は(降ったけど)小雨で、もう葉桜だけど、例年より長く桜が楽しめてる気がするわ

毎年桜を見ると、「やっぱ綺麗なー、日本人に生まれてよかったなー」って思いと、「生きててよかったなー」っていう思いが頭をよぎるんですよね 。笑

なぜかというと桜ってすぐ散っちゃうから

桜って、その綺麗さと「短命さ」で、とてもとても美しいモノとされてる

太く短く生きて、美しいまま散る

年に一度、約一週間だけ見ることができる日本を代表する季節の花

確かにその「儚さ」は何とも愛おしい気持ちを芽生えさせて、日本人だけじゃなく世界中の人の心をくすぐっている

でも実際世の中はそうじゃないものだらけ

もちろん俺らがやってるバンドもその一つ

おれもAIRFLIPに入って気づけばもう7年目に突入している

6年前、前ボーカルが抜けて俺が加入して、そこから一人ずつメンバーが変わっていって今のメンバーに落ち着いてる訳だけど、知らん人もおるかもしれんけどぐっちが入った時点でオリジナルメンバーは完全にいなくなってます

AIRFLIPという「器」だけ引き継いでる感じだ。笑

そんな感じでメンバーチェンジもありながら活動は止めずに歩き続けて、まだまだだけど年々着実に繋がりも増えてきた

どうしようもなく不安定な集合体で在りながら、バンドは止まればそこで終わり

音楽業界の移り変わりは良くも悪くもめちゃくちゃ速い

あのバンド最近盛り上がってるなーと思ってたら、半年後にはもう違う音楽が流行ってたりする(笑)

そんな中で走るのをやめると、自分が後ろに吹っ飛んでるじゃないかって思うくらいすごいスピードで置いてかれてしまう

一応10年周期でまた同じような音楽のブームが来るとも言われているけど、それも信ぴょう性はない

そんな中でどうやって長く、そして存在感を目一杯振りまいて生きていけばいいのか

答えは「続けること」だと思う

もちろん、ただ続けるだけじゃまったく意味がないし、続けていく中で俺らにしかできない、俺らにしか出せない、中毒性というか、みんなを病み付きにする術を探していくのことがめっちゃ大事だ

「継続は力なり」っていうのは、継続できる力を持ってることがすごいっていうのと、継続していく過程でその分野をもっともっと深いところまで知れるようになって知識や知恵が沢山身に付いて、さらに力を得ることができるって意味だとも思うんよね

これはバンド、音楽に関わらず全業界にいる人に言えること

継続の過程で得ることができる力や知識はマジ莫大だ

 

最近はまたバンドの解散や活休が多い気もするけど、逆に活動再開してまた走りだす仲間も増えてきてるのも事実(*^^*)

先日の大阪Bronzeに会いに行ってきたシクセブは泣いた

YOUR SONGはほんとダメだ。笑

ステージ下手にはMVで見れるシンジくんはもういないけど、成田くんもめっちゃ良いパフォーマーだし、良いメンバーが入ったなーって思った☆

打ち上げも朝までお付き合いさせてもらってふらふらで帰ったけど、たけしさんも亮さんもまたバンドできて生き生きしてて楽しそうだった

早く3人でのMVもみたいなーと思います

そして早く対バンしたい!

youtu.be

 俺らは今のメンバーではまだまだ試してないことだらけだから、とりあえずはそれを全力で達成するために走り続けます!

でもバンドって一人がよそ見すると、途端にボロボロ崩れていっちゃう最強に脆い集合体だから、サポートしてもらえると嬉しいっす

みんなが呼んでくれれば、俺らは何度でも蘇ります

まあ今のメンバーに限っては見てる方向は同じだから大丈夫!

今日もまた歌ってくるわ

じゃあまた

 

f:id:twelvefirecracker:20170418225440j:plain