AIRFLIP

AIRFLIP Gt/Vo SATOSHIのブログです



レコーディング期間

おすー

今日からいきなり寒くなったみたいで関東とか雪みたいだけど大丈夫かな

関東より北海道の皆さんが心配

…とか思ったけど彼らは慣れてるから全然大丈夫なのかなw

東京、大阪とか都心部はちょっと雪が降るだけでも大騒ぎだw

その点雪国の人たちは頼もしい

人間慣れれば何にだってある程度対処できるもの

色々なものを経験しておくに越したことはないってことですな

 

さて絶賛レコーディング期間中のAIRFLIP

ライブも本数を減らしてるので一本一本大事に表現していこうと思う今日この頃です

ツアーがひと段落して、最近はスタジオでみんなでジャムって「あーでもない、こーでもない」言いながら作曲しています

お陰で次に録る曲はとてもいい感じに出来上がりそう

でもゆっくり時間をかけていいものを作っている最中は、充実してる反面、なかなかどうして神経をすり減らさないといけなかったりもする

なぜなら時間を掛けるのが「怖い」から

バンドというものは、常にみんなをわくわくさせとかないと、すぐ忘れられちゃうのです

ぶっちゃけバンドマンは常にこの「忘れられる恐怖」と戦っています

バンドマンだけじゃなく、芸を生きる術としている人達はみんなだね

「良いモノを作りたい=じっくり時間を掛けたい」の方程式は、インディーズバンドには実は諸刃の剣みたいな感じなんすよね

その間にみんなの興味が薄れちゃったら意味ないのです

ミスチル大先輩みたいに有名なアーティストだったらなんら問題ないんだろうけどw

特に、一度全国リリースしてしまったらもう一生止まる事はできない

そのプレッシャーの中でヒヤヒヤしながら生きていくしかない

でも唯一

ステージの上で歌ってる時だけは、そこから解放されるんよね

そしてそのプレッシャーが良い感じに染み込んだアーティストは、普通の人にはないオーラや表情がステージ上で出せるんだと思う

結局のところ短期間でいいもの作って「はいどうぞ!!」を繰り返せれば一番イイわけ

でもそれがなかなか出来ないから、おれらは神経すり減らして作る

そのバランスが改めてほんと難しいなと最近思います

だから

すぐ動きだしますAIRFLIPは

早く内容固めてまた報告するんで、待っててくださいな

f:id:twelvefirecracker:20161124165137j:plain

 あ、そうそう

先日ふと思い立って竹田城に行ってきたよ

f:id:twelvefirecracker:20161124172445j:image

残念ながら雲海は見れんかったけど

空気はいいし、そもそも高所にあるから絶景だし

とてもスピリチュアルな場所でした

晩秋が雲海が観れる時期らしいから、みんなも機会があれば行っておれの代わりに雲海観てきてちょーだい☆

じゃあまた