AIRFLIP

AIRFLIP Gt/Vo SATOSHIのブログです



8/7(日)MILES FLAG Tour東京渋谷GAME

どーも

今年まだ海行ってない事にモヤモヤしてますこんにちわ

ツアーまっただ中にいけるわけもないなー

今年は諦めるか。。

 

先日はMILES FLAG Tour東京渋谷編

トリだった俺達まで残ってみてくれた人たちほんとにありがとうございました

ツアーでまた渋谷GAMEに来れた嬉しさと

まだまだみんなに恩返しできてない悔しさと

色んな想いが入り混じった一日でした

俺らは一歩一歩しか進めないバンドだってのはもう自分たちでもわかってる

東京ファイナルまでまたちょっと階段登って大きくなっときます

10/8(土)俺らと良い景色作りに来て下さい

場所はサイクロンです

ほんとにこれからAIRFLIPが歩んでいく道をみんな見てて欲しい

みんなで歩んでいきたい!

これからも宜しくお願いしますm(__)m

 

打ち上げも3時半くらいまでみんなでわいわいして良い夜でした

ただ次の日大阪で予定があったAIRFLIP一行は4時くらいに先に車へ帰って仮眠をとってたんよね

そしたら朝方6時頃にそれまで飲み続けてたベロベロに酔っ払ったSt.Clairのカズさんが車に来てさ

窓も全開に寝てたもんだからライターで俺のすね毛に火付けんのよw

「うえーい」とか言いながら

うるさいし眠れないしメンバー大迷惑w

鬱陶しさで完全に目が覚めたおれはカズさんをそのまま渋谷のサウナ銭湯へ強制連行

知ってるかもやけど俺は無類の風呂好きです

ツアー中はメンバー誰よりも銭湯へ行きますシャワーを浴びます

必ずサウナ×水風呂でスッキリします

この日ももともと起きてからどっかで風呂入ってから帰ろうと思ってたし、しっかりサウナまで連れて入って裸の付き合いをしてあげました

カ「さとしくんもう無理、暑いよもう出ようよ」

サ「ダメっすよ!かずさんが俺の眠りを妨げたんですから!最後まで付き合ってもらいますよ!」

出た後おれは超スッキリしてたけど、酔いもあってかずさんはすげー気持ち悪そうにしてたw

俺のすね毛に火つけた罰だ

みんなはお酒飲んで酔った状態でお風呂は絶対控えましょうw

 

今日は前回発売した1stシングル『Ringing From The West』の歌詞を載せようかな

まだ載せてなかったよな?w

 

『Ringing From The West』

A

Wonder how many times I ring your bell

I’ll fly to you after my mission for today

Maybe 22 times, litte famous figure I am

The brats are pulling my leg around me

look so funny comedy

B

Please do not dishonor me “the captain” any more

You should give me another reply for this time

サビ

"Stay for me",  "Well show me something"

"Trust me" ,  "So make me believe in"

"Smile for you" , "To anyone right??

I can never be taken in your words"

"Crave for me" , "You should be nicer"

"Wait for me" , "You really come back??"

"Ring for you"    "How many times??

It is just for the best of your life"

※ラスト(swear me here, I will just be the best of your life")

2A

There is sweet sweet weding bell from the west

I got my mind can never be describe at all

Got exposed to the sea-breeze feel so nice

Just stand there and I can not throw my ring away

I am stuck to you, the more you turn down my invitation

3A

Maybe 32 times, pretty famous figure I am

The brats around me stop pulling my leg, just pathedic

Im not trying to be with you for my title any more

Looking my back, so arrogant I was to everything

2B

Please please what more should I have to change your mind?

I just wanna say the words of love to you for now

 

《日本語訳》

何回目だろう 君ん家のベルを鳴らすのは

今日も任務が終われば君のとこに飛んでいく

たぶん22回目だな

もうちょっとした有名人だ

ガキんちょにからかわれてさ

笑えるだろ?

これ以上「大佐」の顔に泥を塗らないでくれ

今回はいい返事をくれよ

 

「一緒に居てくれよ」「じゃあ何か示してみせて」

「僕を信用してよ」「じゃあ信じさせてよ」

「君に微笑みを」「誰にでもしてるんでしょ?私は騙されないわ」

「僕に気を許してくれよ」「じゃあもっといい男になるべきね」

「僕を待っててくれよ」「ほんとに帰ってくるの?」

「指輪をあげるよ」「それって何回目なの?それは一番大切な人にあげるのよ」

 

西の方から綺麗なウエディングベルが聞こえてくる

気が気じゃないよ

潮風がとても気持ちいいけど

僕は指輪を捨てられずに立ち尽くす

君が誘いを断るほど君に夢中になっていく

 

たぶんこれで32回目だな

僕はもうかなり有名人だ

ガキんちょ達もからかうのをやめた

哀れだろ?

もう自分の肩書のために君と一緒に居たいんじゃないんだ

思い返せば僕はすべてに傲慢だった

 

頼むよ

どうすれば君の気持を変えられる

今はただ僕の気持を伝えるよ

 

「一緒に居てくれよ」「じゃあ何か示してみせて」

「僕を信用してよ」「じゃあ信じさせてよ」

「君に微笑みを」「誰にでもしてるんでしょ?私は騙されないわ」

「僕にハマってくれよ」「じゃあもっといい男になるべきね」

「僕を待っててくれよ」「ほんとに帰ってくるの?」

「指輪をあげるよ」「じゃあここで誓って。そうすればあなたの”一番”になってあげるわ」

 

自信家で傲慢な海兵の大佐が町の娘に想いを寄せる様子を歌ってます

今までの自分を見直して、飾らずにまっすぐ想いを伝えれば変わるものもあるんじゃないか

そんな意味を込めて描いた歌

何に対しても「姿勢」って大事だなーと最近教わったし

これからもおれはストレートに生きていこうと思います

じゃあまた